ソーイング竹内のSDGsへの取り組み

 SDGsへの貢献

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された17のゴール・169のターゲットから構成されている国際目標です。「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、世界中の企業や政府、地域に対して広く協力を要請しています。

ソーイング竹内はこの目標に賛同し、国際的に合意された目標であるSDGsの達成に向け、事業活動とCSR活動を通じて持続可能な未来の実現を目指します。

 ソーイング竹内の環境方針

SDGs13.14.15
  1. ソーイング竹内は、開発・生産活動の環境への影響を的確にとらえ、継続的改善と環境汚染予防を図っていきます。
  2. 環境法規制及び、当社が定めたその他の要求事項を遵守します。
  3. 「環境にやさしい工場」から「環境にやさしい製品」の提供を目指し、以下の取り組みを進めます。
    • エネルギーや資源の使用を最小化し、二酸化炭素の削減に努める
    • 廃棄物排出量及び総排水量の削減・再資源化
    • 工場内及び周辺の環境推進活動などに継続的に取り組む
    • グリーン・エコ製品の購入、またサービス活用
    • 自家発電用ソーラーパネルと蓄電設備の設置による二酸化炭素の削減

環境に配慮した活動計画

ソーイング竹内は設立当初から、公的検査機関のご指導・ご協力の下、染料などの原材料や廃棄処理方法において、環境に配慮することに注力した生産活動を続けています。また、約20年前から全国有名百貨店のエコバッグ製作を担うなど、いち早く環境配慮型商品を製作し、実績を積み重ねてきました。さらに、太陽光発電によるクリーンなエネルギーを効率よく使うため、蓄電池を利用して社内や工場内の電気を自給自足しています。その他にも、業務に関わるすべての工程で環境に配慮した活動計画を定め、地球環境に優しい企業を目指し、SDGs達成に向け全社員で取り組んでいます。

これらの実績と継続意思が認められ、2004年には(財)地球環境戦略研究機関より「エコアクション21」の事業所として認定されています。

・エコアクション21とは

エコアクション21認証・登録制度は、広範な中小企業、学校、公共機関などに対して、「環境への取組を効果的・効率的に行うシステムを構築・運用・維持し、環境への目標を持ち、行動し、結果を取りまとめ、評価し、報告する」ための方法として、環境省が策定したエコアクション21ガイドラインに基づく、事業者のための認証・登録制度です。

株式会社ソーイング竹内
認証・登録番号 0000021

エコアクション21
中央事務局 一般財団法人 持続性推進機構(IPSuS)

エコアクション21

具体的な環境活動

地域性及び環境への関連を考慮し、環境方針を定め、全ての事業活動を通じてその実現に取り組んでいます。写真は毎月行っている周辺地域の清掃活動の様子で、全社員で定期的に周辺地域の道路や田、畑、溝などを清掃しています。

 クリーンエネルギーの促進

SDGs07.11.13

世界全体が「環境」に注目している現代ですが、当社エコ事業部では地球温暖化対策を真剣に考え、これからの新しいクリーンエネルギーを促進するため、太陽光発電システムの設置に取り組んでいます。

今後も引き続き、従業員の環境意識や節電への関心を高めるだけでなく、災害時の電力確保、エコ対策等を通して社会に貢献していきます。

ソーラーフロンティア社製パネル

・本社工場屋根設備

太陽光発電設備(27.1KW)
ソーラーフロンティア社製パネル使用

・エコ事業部八千代発電所

兵庫県多可郡多可町八千代区下野間字野田33-1
太陽光発電設備(273KW)
シャープ社製パネル使用

・エコ事業部安楽田発電所

兵庫県多可郡多可町中区安楽田字大川原
958番7~11
太陽光発電設備(450.8KW)
京セラ社製パネル使用

 地場産業の活性化と職場環境の改善

SDGs04.05.08.09.12.17

私たちソーイング竹内は、兵庫県・播州地方の地場産業である「播州織」を軸に新たな事案に挑戦し、メイドインジャパンの高品質な製品を世界に広げていきます。同時に、次世代を担う人材の育成、そして地場産業の活性化により雇用を拡大させ、地域を牽引する役割を担える企業を目指します。

また、国内はもちろん、海外の協力工場様ともフェアトレード(Fair Trade : 公平貿易)を通じて、会社や社員だけでなく、ソーイング竹内に関わるすべての方々の生活を担保できるよう努めています。

働きやすい職場環境づくり

ソーイング竹内は、過疎化の進む兵庫県・播州エリアの産業を存続させるためにも、若者が未来を創造できるような「まちづくり」活動の一翼を担うべく、チャレンジを続けています。

2018年には若者や子育て世代の女性をはじめとした、全ての方々が夢を持って働けるよう本社工場をフルリニューアル。その後も継続して職場環境の改善に取り組んでいます。機械設備の改善により、性別や年齢関係なく同じ作業を行えるような労働環境へ整備。また、働く環境が整い難い方々にも仕事(内職等)を提供し続けるなど、特に女性やシルバー世代に働きやすい環境づくりにも注力しています。

※採用に関するお問合せは、コチラからお願い致します。
働きやすい環境

・株式会社ソーイング竹内 カフェスペース

【1F】
裁断場、CAD室、荷物作業場
【2F】
ミシン場、検品場、カフェスペース、テラス
【3F】
事務所、レセプションルーム、ミーティングルーム、カフェスペース

地場産業にこだわったモノづくり

染色、製織、裁断、縫製など、ソーイング竹内の製品は、自社工場と兵庫県・播州エリアの提携工場を中心に製造しています。この地が生んだ伝統技術と最新機器を合わせることにより、世界で愛される高品質な製品を産みだしているのです。

播州織の技術を最大限に活かし、すべての工程で一切妥協しない「本物のメイドインジャパン」を追求することで、これからも播州エリアにおける繊維業の技術力と品質の高さを世界に発信していきます。

また、ソーイング竹内では高い品質を維持するために、社外の公的検査機関を活用し、より安心・安全な商品を提供できるよう努めています。

※2016年より、純正国産表示制度「J∞QUALITY(ジェイクオリティ)認証事業」の企業認証を取得いたしました。
J∞QUALITY企業認証書

キャリア教育への支援

ソーイング竹内は社員のキャリア教育への積極的な支援を行っています。社外から講師を招き、年間6回程度の社員研修も実施するなど、人としての成長を促進させるとともに、次世代を担う若手への教育支援を行なっています。

 地域社会への貢献

SDGs11.12.13

ソーイング竹内は、拠点を置く多可町中区糀屋と「災害時における事業所の施設利用に関する協定」を締結しています。これは、有事が発生または発生が予想される場合に、緊急避難場所として弊社施設を活用し、地域住民の安全を確保することを目的とした協定です。社屋に自家発電用ソーラーパネルを設置し、避難所としての設備の充実も図っています。

また、社内施設を利用した裁縫教室の実施、近隣の播州糀屋稲荷神社への活動協力など、様々な取り組みを通して多可町の企業として地域活動を推進しています。

新社屋の外観

【主な災害準備】
・防火シャッター設置
・放水訓練実施
・食料備蓄
・自家発電用ソーラーパネルと蓄電設備設置

株式会社ソーイング竹内
兵庫県多可郡多可町中区糀屋90

救急救命講習の実施

ソーイング竹内では、定期的に救急救命士の方々のご指導のもと、従業員全員参加にて救急救命講習を実施しております。この講習は、AEDの操作方法をはじめ、人命救助のために必要な適切な救命措置をご指導いただくもので、人体模型を使った模擬救命対応講習も行っております。災害時の救命活動に従業員全員が対応出来るよう、今後も定期的に講習を実施して参ります。

AEDを使用した救命講習
心臓マッサージ

社内施設を利用した裁縫教室の実施

裁縫教室

ソーイング竹内では、地域の皆様に自社内の施設・設備・資材を提供し、定期的に裁縫教室を開催しております。
地域の皆様に、縫製により興味を持っていただき、ものづくりの楽しさ・喜びを感じていただくために、 縫製が比較的簡単で取り組みやすく実用的なバッグ・ポーチ・巾着などを作製のテーマとして、 今後も企画・実施して参ります。

開催の告知はホームページやSNS等で随時行なって参りますので、皆さま是非ご参加ください。

7月6日(土) 「レッスンBAGをつくろう」
※多くの方にご参加頂き、ありがとうございました。